保育士の学校の選び方
 

保育士になるには

これから将来の職業として保育士になることを目指している方は多いでしょう。保育士はいつの時代でも必要とされる存在です。子供がいて、両親が共働きしている世帯があるならば、保育士の出番となるのです。保育士がしっかりと仕事をすることによって、両親は安心して仕事をすることができるのです。保育士は責任を持って子供を預かり、親が迎えに来るまでの間に子供達の保育をします。

保育士にはさまざまなメリットがあります。まず、資格を取得していれば、安定して働きつづけることができる点です。資格がなければ働けない仕事であり、だからこそ資格の価値がとても高いのです。資格を持っているならば、いつでも求人に応募してすぐに採用されるでしょう。たとえ結婚をして子育てをするために仕事を辞めたとしても、数年後にはすぐに現場に復帰することができます。保育士の資格があれば、生涯現役で働き続けることも夢ではないのです。

そんな魅力的な保育士の仕事なのですが、保育士の資格を取得しなければいけません。そのためには養成校に通うのと、国家試験を受けるという2つの方法があります。多くの方が養成校への進学を選択します。その方が国家試験を受ける必要がないからです。しかし、養成校はたくさん存在しています。主に大学と短大、専門学校が養成施設として指定されています。全国各地にたくさんの学校が存在しています。その中からどこを受験するべきか、学校の選び方について解説しましょう。それぞれの学校のメリットとデメリットを紹介します。