保育士の学校の選び方
 

大学について

保育士の養成校の指定を受けている大学はたくさんあります。大学は4年制が基本となっており、じっくりと保育士になるための勉強ができます。メリットとしては、保育士以外の分野に関する勉強もできる点です。また、保育士以外の免許や資格を目指すこともできるでしょう。幅広いカリキュラムが用意されているのです。実習の機会も豊富に用意されています。卒業後の進路についても、保育施設で働くだけではなくて、さまざまな現場から求人が届いています。

また、基本的に大卒の方が給料が高くなっている求人は多いでしょう。この点も4年制の大学で保育士を目指すメリットとなります。

デメリットとしては、学費が多くかかってしまうのと卒業までに時間がかかってしまう点です。今すぐに保育士になりたいと考えている方には向いていないでしょう。保育士は基本的に短大卒や専門学校を卒業している方が多いです。また、普通の大学を卒業してから国家試験を受験して保育士を目指すという進路もあります。保育士になるために大学に通うことについては、デメリットもあるという考え方もできるのです。

このようなメリットやデメリットがあることを考慮して、大学への進学を検討してみましょう。